間食を少なくするには

食事と食事の間の間食以外にも、甘味料をたくさん含む清涼飲料水などをよく飲まれる方なども多い傾向があるようです。お食事と食事の間の「間食」がどうしても毎日の習慣としてやめられない方は、お菓子やジュースの代わりとして「ガム」などを噛む習慣を身に付けてみることも良いかもしれません。またガムを選ばれる際にも、虫歯予防を考える上では、お砂糖などが豊富に入っているガムではなく、キシリトールなどのの甘味料を使用している虫歯予防につながる製品を選ばれることが良いでしょう。ガムを噛むことによって得られる「咀嚼」が唾液の分泌を促すことも知られておりますが、口内の「唾液」の量が増えることも虫歯予防につながる要因の1つでもあります。間食に限らず虫歯の多い方は、虫歯の少ない方に比べ何かしらの虫歯菌の活動を活発にさせてしまうような生活習慣を日々行なっている可能性が高いようです。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です