虫歯の放置で起こること

虫歯は、再石灰化により修復が可能な「初期虫歯」と、歯科医院で治療が必要な「虫歯」の二種類があります。初期虫歯であれば、フッ素入りの歯磨き粉を使うなどをして修復が行えますが、虫歯になった場合は少しでも早い治療が必要です。穴の空いてしまった虫歯は、元に戻ることはありません。特に大人であれば、詰め物やかぶせ物などで治療をした部分や、歯周病などで露出した歯根に歯垢がつきやすく、虫歯にもなりやすいとされています。特に注意をしておかなくてはなりません。 虫歯の進行には、段階があります。はじめに、初期虫歯と呼ばれる状態に変わります。エナメル質内のリンやカルシウムが溶けだしている状態で、見た目に変化はないものの、中身はスカスカになっています。痛みは発生しないので、自覚症状もありません。次に、表面にあるエナメル質に穴が空きます。穴が浅ければ痛みを感じませんが、象牙質にまで到達していると、冷たい飲み物がしみる、痛みを感じることがあります。さらに虫歯が進行すると、神経の通う歯髄まで到達します。表面の穴自体は小さくても、内部で広がっている可能性が高く、激しい痛みを感じることが多いそうです。ここで放っておくと、歯冠部はほとんど崩壊し、歯根部だけが残った状態になります。歯髄が死んでしまうので痛みはありませんが、菌が虫歯を通して全身に回ってしまう可能性があるため、早急な抜歯が必要です。 歯は表面をエナメル質で覆っており、その下に象牙質、奥に神経などの歯髄が通っています。この歯髄に刺激が伝わることで痛みを感じる仕組みになっています。痛みを感じるということは、既に虫歯が進行している状態です。一刻も早く歯科で治療を受けましょう。

虫歯の修復

一度虫歯になれば、歯科で治療をするしかありませんが、穴が空く前の「初期虫歯」の状態であれば修復が可能と言われています。虫歯が発生するメカニズムとして、虫歯の原因となるミュースタンス菌が糖分を分解して酸を作り、この酸が歯の内側からカルシウムやリンなどを溶かします。歯の表面からすぐ内側からこれらの必要な栄養が溶けだすことを「脱灰」といい、歯を覆うエナメル質がスカスカな状態に変わります。この状態が、実際に穴は空いていない「虫歯一歩手前」の初期虫歯の状態です。ミュースタンス菌は酸を作りだしているために口内は酸性になっていますが、これを中性に戻すことで「脱灰」した部分を「再石灰化」させることができます。一度溶けてしまったリンやカルシウムを再び歯に沈着させることで、歯を元の状態に修復できるのです。この再石灰化を促進するためには、虫歯菌が常駐する歯垢を除去することや、規則正しい食生活が推奨されています。また、フッ素を使用することも再石灰化に繋がるとされているそうです。歯科医院でフッ素を塗布してもらうことや、フッ素入りの歯磨き粉を使うことがおすすめです。フッ素は一度塗ればすぐに修復するわけではなく、繰り返し使用することで効果を発揮します。 脱灰と、再石灰化のバランスが取れている状態が、健康な状態です。糖分を長い時間、もしくは頻繁に摂取することで脱灰の方にバランスが崩れてしまいます。また、唾液の分泌が少ない就寝時や、極度に緊張している状態なども虫歯が発生しやすいとされています。普段からフッ素入りの歯磨き粉を使って予防を進めながら、自分の歯の状態を把握しておきましょう。自宅でのチェックだけではなく、定期的な歯科健診も大切です。

歯槽膿漏

歯槽膿漏(しそうのうろう)は、歯周炎のひとつです。歯槽膿漏は古くから慣用的に使われている呼び方です。歯槽は歯根が収まっている顎の骨の穴を指しており、この歯槽や歯周ポケットから膿の排出が見られる症状を歯槽膿漏としています。現在では歯茎の炎症を歯肉炎、深部まで炎症を起こしている場合に歯周炎、これらをまとめて歯周病と呼んでいます。そのため、「歯周炎のうち、歯槽膿漏の症状が出ている」といった分類が正確と言えます。 歯槽膿漏は膿が排出されている状態で、歯周病後期の最も進行した段階とされています。歯がぐらついていることや、口臭が発生していることも多く、放っておくと歯が抜け落ちてしまうこともあるそうです。また、歯茎が炎症している状態ですので、そこから細菌が入り込み、全身の病気として悪影響を与えることもあります。そのため、早急に歯科で治療を受ける必要があるのです。歯槽膿漏は、歯垢の中に生息している細菌が原因です。この細菌は毒素を排出し、歯茎の炎症を引き起こします。長期間、歯茎が毒素のダメージを受け続けると、歯の土台が溶けて弱ってしまい、歯槽膿漏になるのです。歯磨きが充分でない場合や、他にも喫煙などの生活習慣、ストレスが多い場合に起こりやすくなります。特に五十代以上であれば、約半数が歯槽膿漏になっているというデータもあるそうです。早い段階からオーラルケアを行い、正しい歯の磨き方を身につけておく必要があります。歯槽膿漏を防ぐための歯の磨き方は、歯と歯茎の間を意識することが大切です。歯磨き粉の薬用成分を利用し、歯と歯茎の間をマッサージするように毛先をすべらせていきましょう。正しい歯の磨き方は、歯科で指導を受けられます。

歯が抜けた時

転倒をしたなど外的な要因で、歯が抜けてしまうことがあるかもしれません。歯が抜けるようなケガがあった場合には、まず「脳しんとうがあるか」「吐き気やめまいがあるか」など、歯以外の重要な問題がないかを確認します。その上で、歯の治療を優先できる場合は、すぐに歯科を受診しましょう。 抜け落ちた歯は、必ず保管をして、すぐに歯科に持って行きます。抜けた歯を再生できるかどうかは、時間との勝負となっています。保存状態が良ければ、自分の歯で修復することが可能です。抜けた歯が乾燥してしまうと、歯根膜が再生不能となってしまい、治療を行えなくなってしまいます。抜けた歯が地面に落ちた場合は、まずは水で軽くすすいで汚れを落とします。水道水で構いません。そのまま容器に入れ保管を行いますが、この時、救急の専用保存液があるようなら液体に浸し、なければ牛乳に浸しておきます。牛乳は、できれば無脂肪や低脂肪のものを選びます。どれも用意できない場合は、歯が抜けた痕の空いた歯茎の穴に戻します。痛みが酷い場合やどうしても戻せない場合は、無理に押し込むことはせず、頬の内側や舌の下に入れておきます。歯が抜けてから処置までの時間が短ければ短いほど、歯が元の状態に定着する可能性が上がります。専用の保存液を使った場合には、丸一日の保存が可能です。牛乳の場合は6時間、頬の内側や舌裏に置く場合は1時間、水道水の場合は30分がタイムリミットと言われています。 歯が抜けてしまうと見た目のインパクトから慌ててしまうことも多いですが、落ち着いて処置を行うことが大切です。特にスポーツでの転倒で前歯を折ってしまうことが多いそうですので、マウスガードなどを利用して未然に事故を防ぎましょう。

砂糖の含有量

食物や飲み物から摂取される糖は、口腔内に棲んでいるとされる細菌によって分解され、プラークとして溜まっていくことがわかっているようです。これが、プラークの性質を酸性に傾け、その値が限界に達してしまうと、歯の中のミネラルが溶けてしまう「脱灰」が進行してしまいます。これを防ぐためには、再石灰化を促す他に、糖の吸収を控えるという予防が挙げられるでしょう。スーパーなどで販売されている食品などは、添付されている成分表などで砂糖の含有量の目安を知る事が出来るでしょう。これは、ジュースや清涼飲料水なども同様で、「天然果汁100%」のもので言えば、ほとんどのものは人工甘味料や砂糖は加えられていないと考えて良いでしょう。しかし、たまに「天然果汁100%濃縮還元」と表示されている場合には、砂糖を加えられている可能性もあると考えられるため注意が必要と言えるでしょう。また、「天然果汁◯◯%」という表示のものは、必ず砂糖が加えられているようです。このことから「無果汁」のものは、果物の香料を含んだ砂糖水であると考えて問題はないでしょう。さらに、炭酸飲料も要注意と言えるでしょう。非常に多くの砂糖が加えられているのですが、その甘さは「炭酸」によって感じにくくなっている事がほとんどでしょう。つまり、味覚がマヒしているという状態にあるようです。その上、炭酸飲料には「リン酸」という物質が入っており、これを摂取しすぎると、カルシウムを排出してしまう働きを促すとされるため、体内のカルシウムバランスが壊れてしまい、骨や歯がもろくなっていく事が問題視されているようです。歯医者さんなどでも、炭酸飲料はあまり飲まないようにという注意をされるのは、歯や体にとって非常に嬉しくない成分がたくさん含まれているという事がわかっているからなのでしょう。成分表を参考にし、摂取する食物からも歯の健康を守っていけると良いでしょう。

再石灰化

普段、私たちは口から食物を摂取することで栄養を体に取り込んでいると言えるでしょう。この際、食物から摂取された糖は、口腔内に棲んでいるとされるミュータンスや、その他の細菌によって分解され、プラークとして溜まっていくと考えられています。特に、スイーツなどを摂取したあとは、プラークの性質が酸性に傾くと考えられており、この酸性値がある限界に達し、歯の中のミネラルが溶けてしまうことを「脱灰」と呼んでいます。1日1回という頻度でおやつを摂取するケースでは、エナメル質は一時的に脱灰するものの、唾液の効用で再石灰化が起こるため、それほど大きな影響は受けないと言えるでしょう。しかし、「ながら食い」などのようにだらだらとおやつを食べたり、単純に食べる回数や量が多くなったり、就寝の直前に食べてしまったりした場合、酸に溶かされている時間が長くなり、ミネラルを失って修復する事が出来なくなってしまうと考えられているようです。このことからもわかるように、むし歯ができる条件というものは、糖がどのくらいの時間口腔内に留まっていたかということや、砂糖の摂取回数と摂取量などが大きく影響してくると言えるでしょう。中でも一番関連が大きいとされているのは、糖の摂取回数でしょう。おやつの時間を決めずにダラダラ食べていると、むし歯はどんどん出来やすくなっていくでしょう。ここで、忘れてはならないのが、ジュースや清涼飲料水でしょう。意外と糖を多く含んでいるスポーツドリンクなどの摂りすぎは要注意であると言えるでしょう。炭酸系のものも酸性度が強いので要注意と言えるでしょう。飲料も、砂糖の含有量などの表示を確認してから摂取する事が望ましいと言えるでしょう。

歯を大切にする

あなたは「自分の歯をどれくらい大切にしていますか?」と問われた時、どれだけ自信を持って「最大限の愛情で大切にケアしています」と答えられるでしょうか? 歯磨きというのは、むし歯や歯周病の原因になるプラークを除去することだけを指すものではありません。歯磨きは、歯を大切にする習慣のすべてを指しています。例を挙げると「糖の摂取が歯をもろくするから控える」とか「食事の際、よく噛むことで健康が保たれるから、歯ごたえのある食材を選ぶ」とかいうことを実践することも「歯磨き」へと繋がっていると言えるでしょう。プラークの中には微生物や細菌も含まれており、これらは口の中に残った飲食物をエサにして繁殖していくと言われています。これらの中で、歯垢をつくりだすのがミュータンスと呼ばれる細菌と考えられています。ミュータンスという細菌は、とくに糖が大好機であり、また、プラークの材料として使用されるのは糖だけと言われています。糖はミュータンスや、その他の細菌によって分解され、プラークとして溜まっていくとされるため、特にスイーツなどを摂取したあとにはプラークが酸性に傾くと考えられています。この酸性値がある限界に達してしまうと、歯の中にあるミネラルが溶けてしまい、少なくなっていってしまいます。この現象を「脱灰」と呼び、これによってミネラルは無くなってしまいますが、唾液中のカルシウムやフッ素の働きにより、自然に回復されるようです。これが、近年よく耳にする「再石灰化」と言われる働きと言えるでしょう。常に繰り返される脱灰と再石灰化ですが、脱灰が再石灰化より多く起こってしまうと、むし歯となってしまうでしょう。歯医者さんを受信するのも大切ですが、毎食後の歯磨きに加え、おやつ後の歯磨きというのも習慣づける事が望ましいのではないでしょうか。

歯磨き粉選び その2

歯磨き粉を味ではなく、他の観点から選ぼうとした時に、どのようなチョイスがあるのかを調べてみました。歯磨き粉のラベルにある言葉を集めてみると、 フッ素入り ホワイトニング 美白 歯周病予防 虫歯予防 知覚過敏予防 歯槽膿漏の予防 などが、歯磨き粉のラベルに目立つキーワードでした。 ドラッグストアの登録販売員さんが、隣に居たので、お手すきに、色々と歯磨き粉についての質問をしてみました。フッ素入りに関しては、様々な口内のトラブルから皆さんのお口の健康を守ると、皆さまから好評価を得ている商品になるようです。その他、ホワイトニング、美白に関しては、入っている成分にもよりますが、研磨剤などが配合されている場合がほとんどで、歯茎の弱いデリケートな人が誤った使用方法で使うと、逆にお口のトラブルにも成りかねない注意が必要なようです。歯周病、虫歯、知覚過敏、歯槽膿漏の予防に関しては、歯医者で行う口腔ケアを、自宅で日常的に行うことは、予防の観点からは効果的かもしれませんが、ある程度の症状が進行してしまった、歯周病や虫歯などのお口のトラブルに関しては、歯科でのきちんとした診察を行った上での治療が必要とのことでした。歯磨き粉の成分などにも注目してみると面白そうだなと感じました。

歯磨き粉選び その1

歯科の定期健診の帰り道に、ドラッグストアに立ち寄って、歯ブラシを買い換えようと、売り場に行くと、歯磨き粉も必要だったことに気づき、いつもと同じ歯磨き粉を探していると、検診の際に、歯医者が、歯磨き粉選びのアドバイスをくれていたことを思い出しました。私の場合は、虫歯を防ぐ目的で、どのような歯磨き粉を使用するべきか、質問したのですが、歯医者からのアドバイスは、フッ素入りの歯磨き粉の使用を薦められました。フッ素入りの歯磨き粉を探していると、改めて歯磨き粉の種類の多さに驚きました。どの歯磨き粉が、何に効果があるのかは、全く分からないので、フッ素入りである、比較的リーズナブルなものを探しました。私自身は、歯磨き粉の味が一番の決め手なので、新しい歯磨き粉の味に不安がよぎりましたが、歯科の定期健診の帰りでもあったので、歯医者のお薦めのフッ素入りを手に取りました。その時、以前、使用していたお気に入りの歯磨き粉にも、フッ素入りとラベルに小さめに書かれていることに気づきました。以前から使用していたお気に入りの歯磨き粉にも、フッ素が入っていたのです。今までは、好みの味の観点から歯磨き粉を選択していましたが、今回は定期検診に訪れた歯科の歯医者のアドバイスの観点から、歯磨き粉を選択してみようと試みた結果、今まで通りの歯磨き粉でも問題ないというオチに終わりました(笑)。今回は、今まで通りの歯磨き粉を選択しましたが、フッ素入りの歯磨き粉に関しては、もう少し掘り下げて詳しく調べてみようと思いました。

歯のプロを頼る

歯周病予防で最も大切と言えるのは「食後すぐの歯磨き」と言えるでしょう。食後、数時間のうちに、歯周病の原因と言われるプラークは作られ、さらにそのプラークに付着した細菌はバリアを作り、住み良い環境を整えていくと言われています。このバリアは歯磨きでは除去が困難とされ、プラークはどんどんと溜まっていき、歯石となってしまいます。こうなってしまわないためには、出来るだけ食後すぐに正しい歯磨きを心がけることが重要でしょう。しかし、生活リズムや仕事環境の問題などもあり、現代では毎食後に歯磨きを習慣づけるのが難しい人もいるのではないでしょうか。こういった時にオススメなのが、歯科医院など「歯のプロ」に頼る方法でしょう。歯医者さんなどでのプラークケアを「プロフェッショナルケア」と呼び、専用の機械を使って歯を綺麗にしてくれます。また、歯石を取り除いたり、正しいブラッシング方法や、口腔内を清潔に保つ秘訣、体や歯に優しい食事の内容や摂取の仕方などを教えてくれることもあるでしょう。忙しい人こそ、定期的に歯科検診を習慣付けておくのが望ましいのではないでしょうか。しかし、プロフェッショナルケアは、一時的にしか効果を得られないため、セルフケアの改善というのも常に行えるのが望ましいと言えます。さらに、セルフケアでの完璧な抑制もできないため、出来るだけ正しい歯磨きを毎食後心がけた上に、定期的なプロフェッショナルケアを取り入れることが一番望ましいとも言えるでしょう。セルフでもプロでも、お互いに難しい点をしっかりと補えるケアを目指していきましょう。口内環境を整えて、いつまでも健康な歯を保っていけると良いでしょう。