歯の病気について

歯の病気には様々なものがあり、あげたらそれはきりがないのですが、歯垢がどんどん溜まっていくと、歯周病や虫歯といった病気になる確率も上昇していく可能性があり、歯垢が様々な病気の原因になっているところもあるようですね。皆さんも一度は学校や職場などでやったことがあるかもしれませんが、歯医者には歯垢染色液が置いてあり、それを歯科衛生士などが用いて、歯垢を色付けして、「特にこの場所が磨けていない」とか、「この場所がよく磨けている」とか、アドバイスをもらうこともでき、歯科医や歯科衛生士などから、具体的な歯磨きの方法を教えてもらうことも、できるようですから、積極的に歯科医院に通う方が良いと言えそうです。また、人間は少し年を取ってくると、歯の間に隙間ができてくることもあるようで、そのような場合には歯ブラシによる磨きだけでは足りないこともしばしばです。その際にはいわゆるデンタルフロスを用いたブラッシングも必要になってくるようで、このような場合にも歯科衛生士などから、しっかりとしたアドバイスを受けて、具体的な使用方法をしっかりと確認しておき、間違いのない使い方で、着実かつ有効に、デンタルフロスなどを使う必要があるのです。また、最近話題の予防歯科では、フッ素を直接歯に散布して塗りつけるという方法もあり、歯の再石灰化を促し、虫歯をはじめとする様々な病気から守るプロテクターの役割をする作用もあり、病気になりにくくするなど有効な効果があると認められつつあるようです。そのような治療では、しばらく口を開けたまま待たなくてはならないなど、治療に時間がかかることもあるようですが、虫歯になりにくくなる、というメリットを考えれば、それくらいは安いものだ、と考えられそうです。