虫歯の放置で起こること

虫歯は、再石灰化により修復が可能な「初期虫歯」と、歯科医院で治療が必要な「虫歯」の二種類があります。初期虫歯であれば、フッ素入りの歯磨き粉を使うなどをして修復が行えますが、虫歯になった場合は少しでも早い治療が必要です。穴の空いてしまった虫歯は、元に戻ることはありません。特に大人であれば、詰め物やかぶせ物などで治療をした部分や、歯周病などで露出した歯根に歯垢がつきやすく、虫歯にもなりやすいとされています。特に注意をしておかなくてはなりません。 虫歯の進行には、段階があります。はじめに、初期虫歯と呼ばれる状態に変わります。エナメル質内のリンやカルシウムが溶けだしている状態で、見た目に変化はないものの、中身はスカスカになっています。痛みは発生しないので、自覚症状もありません。次に、表面にあるエナメル質に穴が空きます。穴が浅ければ痛みを感じませんが、象牙質にまで到達していると、冷たい飲み物がしみる、痛みを感じることがあります。さらに虫歯が進行すると、神経の通う歯髄まで到達します。表面の穴自体は小さくても、内部で広がっている可能性が高く、激しい痛みを感じることが多いそうです。ここで放っておくと、歯冠部はほとんど崩壊し、歯根部だけが残った状態になります。歯髄が死んでしまうので痛みはありませんが、菌が虫歯を通して全身に回ってしまう可能性があるため、早急な抜歯が必要です。 歯は表面をエナメル質で覆っており、その下に象牙質、奥に神経などの歯髄が通っています。この歯髄に刺激が伝わることで痛みを感じる仕組みになっています。痛みを感じるということは、既に虫歯が進行している状態です。一刻も早く歯科で治療を受けましょう。

虫歯の修復

一度虫歯になれば、歯科で治療をするしかありませんが、穴が空く前の「初期虫歯」の状態であれば修復が可能と言われています。虫歯が発生するメカニズムとして、虫歯の原因となるミュースタンス菌が糖分を分解して酸を作り、この酸が歯の内側からカルシウムやリンなどを溶かします。歯の表面からすぐ内側からこれらの必要な栄養が溶けだすことを「脱灰」といい、歯を覆うエナメル質がスカスカな状態に変わります。この状態が、実際に穴は空いていない「虫歯一歩手前」の初期虫歯の状態です。ミュースタンス菌は酸を作りだしているために口内は酸性になっていますが、これを中性に戻すことで「脱灰」した部分を「再石灰化」させることができます。一度溶けてしまったリンやカルシウムを再び歯に沈着させることで、歯を元の状態に修復できるのです。この再石灰化を促進するためには、虫歯菌が常駐する歯垢を除去することや、規則正しい食生活が推奨されています。また、フッ素を使用することも再石灰化に繋がるとされているそうです。歯科医院でフッ素を塗布してもらうことや、フッ素入りの歯磨き粉を使うことがおすすめです。フッ素は一度塗ればすぐに修復するわけではなく、繰り返し使用することで効果を発揮します。 脱灰と、再石灰化のバランスが取れている状態が、健康な状態です。糖分を長い時間、もしくは頻繁に摂取することで脱灰の方にバランスが崩れてしまいます。また、唾液の分泌が少ない就寝時や、極度に緊張している状態なども虫歯が発生しやすいとされています。普段からフッ素入りの歯磨き粉を使って予防を進めながら、自分の歯の状態を把握しておきましょう。自宅でのチェックだけではなく、定期的な歯科健診も大切です。