歯槽膿漏

歯槽膿漏(しそうのうろう)は、歯周炎のひとつです。歯槽膿漏は古くから慣用的に使われている呼び方です。歯槽は歯根が収まっている顎の骨の穴を指しており、この歯槽や歯周ポケットから膿の排出が見られる症状を歯槽膿漏としています。現在では歯茎の炎症を歯肉炎、深部まで炎症を起こしている場合に歯周炎、これらをまとめて歯周病と呼んでいます。そのため、「歯周炎のうち、歯槽膿漏の症状が出ている」といった分類が正確と言えます。 歯槽膿漏は膿が排出されている状態で、歯周病後期の最も進行した段階とされています。歯がぐらついていることや、口臭が発生していることも多く、放っておくと歯が抜け落ちてしまうこともあるそうです。また、歯茎が炎症している状態ですので、そこから細菌が入り込み、全身の病気として悪影響を与えることもあります。そのため、早急に歯科で治療を受ける必要があるのです。歯槽膿漏は、歯垢の中に生息している細菌が原因です。この細菌は毒素を排出し、歯茎の炎症を引き起こします。長期間、歯茎が毒素のダメージを受け続けると、歯の土台が溶けて弱ってしまい、歯槽膿漏になるのです。歯磨きが充分でない場合や、他にも喫煙などの生活習慣、ストレスが多い場合に起こりやすくなります。特に五十代以上であれば、約半数が歯槽膿漏になっているというデータもあるそうです。早い段階からオーラルケアを行い、正しい歯の磨き方を身につけておく必要があります。歯槽膿漏を防ぐための歯の磨き方は、歯と歯茎の間を意識することが大切です。歯磨き粉の薬用成分を利用し、歯と歯茎の間をマッサージするように毛先をすべらせていきましょう。正しい歯の磨き方は、歯科で指導を受けられます。

歯が抜けた時

転倒をしたなど外的な要因で、歯が抜けてしまうことがあるかもしれません。歯が抜けるようなケガがあった場合には、まず「脳しんとうがあるか」「吐き気やめまいがあるか」など、歯以外の重要な問題がないかを確認します。その上で、歯の治療を優先できる場合は、すぐに歯科を受診しましょう。 抜け落ちた歯は、必ず保管をして、すぐに歯科に持って行きます。抜けた歯を再生できるかどうかは、時間との勝負となっています。保存状態が良ければ、自分の歯で修復することが可能です。抜けた歯が乾燥してしまうと、歯根膜が再生不能となってしまい、治療を行えなくなってしまいます。抜けた歯が地面に落ちた場合は、まずは水で軽くすすいで汚れを落とします。水道水で構いません。そのまま容器に入れ保管を行いますが、この時、救急の専用保存液があるようなら液体に浸し、なければ牛乳に浸しておきます。牛乳は、できれば無脂肪や低脂肪のものを選びます。どれも用意できない場合は、歯が抜けた痕の空いた歯茎の穴に戻します。痛みが酷い場合やどうしても戻せない場合は、無理に押し込むことはせず、頬の内側や舌の下に入れておきます。歯が抜けてから処置までの時間が短ければ短いほど、歯が元の状態に定着する可能性が上がります。専用の保存液を使った場合には、丸一日の保存が可能です。牛乳の場合は6時間、頬の内側や舌裏に置く場合は1時間、水道水の場合は30分がタイムリミットと言われています。 歯が抜けてしまうと見た目のインパクトから慌ててしまうことも多いですが、落ち着いて処置を行うことが大切です。特にスポーツでの転倒で前歯を折ってしまうことが多いそうですので、マウスガードなどを利用して未然に事故を防ぎましょう。