日米の歯科治療の違い

日本とアメリカの間の歯科医療における最大の違いは、やはり保険制度の問題です。日本は医療保険制度が整っているため、歯科治療も保険で受けることができます。誰でも、いつでも、どこでも、その時の所持金で気軽に支払える程度の医療費で治療が受けられる、というのは日本の歯科医療制度の素晴らしいところでしょう。ただし、保険では治療内容が限られてしまうことと、歯科医師の経験や技術の差がまったく反映されない、というデメリットがあります。一方、アメリカ社会は日本のような国民皆保険制度ではないため、治療費はかなり高額になりえます。よって経済的な問題から受診できない、という人も出てきてしまうのがアメリカの歯科医療の最大のデメリットと言えるでしょう。その代わりに最先端治療や専門ドクターなど、患者がすべてを選択できるというメリットもあります。痛くない治療を基本にしている歯科医院が多い点も、日本より進んだメリットと言えるかもしれません。このように欧米が最先端をゆく歯科治療ももちろんありますが、歯科材料や医療器具などに関しては、日本製品が圧倒的に優れていると言えるでしょう。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です