わたしたちの健康寿命と歯の健康

2013年の 日本人の平均寿命は男性80.21歳、女性 86.61歳でした。初めて男性が80歳を超えるなど、日本人の平均寿命は伸びの一途を示しています。一方で、健康寿命についてはどうでしょうか。 健康寿命とは、日常的・継続的な医療・介護に依存しないで、自分の心身で生命維持し、自立した生活ができる生存期間のこと、とされていますが、2013年の日本人の健康寿命は、男性71.19歳、女 性74.21歳で、平均寿命との差は男性 9.02年、女性12.40年となっています。 日本歯科医師会では「歯科医療で健康寿命の延伸に寄与する」ために、8020 達成者が5割以上の社会「健康長寿社会」の創造を目指しています。 また、人口構造や医療ニーズの変化に伴って、日本でも歯科医療を取り巻く環境はめまぐるしく変わっていきます。かつて「むし歯の洪水」とまで呼ばれた時代の日本と比べると、現在の日本では乳歯のう蝕は著しく減少したと言えますが、その一方で、高齢者や有病者に対する歯科治療や歯周疾患の予防・対策などのニーズは益々増加しつづけています。虫歯や歯周病といった疾患への対応はもちろんのこと、口腔健康に対する支援といった「日常生活を支援する」視点が求められている、というのが、現在の日本の歯科医療ニーズの特徴と言えそうです。

8020運動

日本では国民の健康に対する意識として、口腔の健康に満足している人が身体全般の健康に満足している人に比べて下回っているという調査結果があります。 一方で、口腔の健康が全身の健康に大きく影響しているということが、各種研究により近年明らかにされています。 このように多くの人々のニーズの変化を受けて、歯科医療はこれまでの「単に歯が痛むからそれを治す」という対処療法的な治療から、「できるだけ元の歯を失わないように予防し、そしてさらに美しい口元を維持、再現する」、という根本的治療に変化していくことは確実です。 1989年に日本でもスタートした「8020(ハチ・マル・ニイ・マル)運動」の推進もあって、2006年には80歳における残存歯20本以上の割合が20%を超えました。一方で、高齢者の残存歯が増えるにつれて、歯を失う最たる原因は「虫歯」から「歯周病」へと変わりつつあります。高齢社会が進行していく中で、健康長寿の実現には口腔機能の改善が欠かせないというような意識改革の重要性が叫ばれています。この財源である国民医療費は、今後の社会保障費増加がみこまれる中ではその効率化が求められています。厚生労働省の調べによると、平成17年度の国民医療費のうち、疾患別医療費を比較すると、歯科疾患の医療費は、高血圧、糖尿病といった生活習慣病に対する医療費よりも高く、またガンに対する医療費とほぼ同額となってきているのです。