歯ブラシは使用後の管理が大切

人間は食べ物を摂取することでエネルギーに変換して生命維持を行うため、食べるために必要になる口は重要だと言えるでしょう。ところが口の中には大量の常在菌がいて活動していて、食物を取り入れた後に口腔内を清潔にしていなければ、食べかすを栄養源に増殖して虫歯など悪影響を発生してしまうでしょう。この対処法に歯磨きがあり歯ブラシを使いますが、使用後の衛生管理を怠ると菌の繁殖を減退させるという目的を達成しなくなります。

歯ブラシは使った後は洗って次に使用する準備をしますが、口腔内にあった菌が付着しているので何もせずに放置すると増殖は避けられません。その状態で使うのはとても危険であり、水だけで洗浄するのではなく、専用の薬剤を使ったりして殺菌してから次の使用に備えると共に、歯ブラシの状態に関係なく早期に交換するようにしてください。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。