寝起きの口内環境

夜寝る前のデンタルケアが何よりも大切であると述べる専門家たちが多いのは、皆さんが寝てる間には、唾液の分泌が低下することから、お休み前にどんなに歯磨きやマウスウォッシュなどのデンタルケアを行っても、口腔内の細菌が増殖してしまうことを注意喚起しているのだそうです。朝起きた時のお口の中の不快感は、唾液の分泌の低下による口内環境バランスの乱れから生じているものであるようです。朝目覚めた時に、真っ先に歯を磨く習慣が良いとされているのは、寝ている間に増殖しているお口の中の細菌を歯磨きなどで洗い流すことが、歯の健康を維持していく上で大切な習慣であると考えられているからであるようです。朝、目覚めたら早めに歯磨きをする方は、寝起きの人々の口内にみられる口内環境の問題を熟知しているからであるかもしれません。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です