歯の状態はこまめに確認

患者さんご自身による生活改善、歯科医による咬合調整や暫間固定などの処置。これらにより多くの場合は1~3か月ほどで歯が抜けてしまう危機的状況からは打破できます。そして次に待っているのは、本格的回復です。

まずはじめに「歯根の清掃」があげられます。歯というのは、正しく磨けていないと「歯石」が付着してしまいます。「歯石」とは、細菌の死骸が唾液中に含まれるカルシウム成分によって固まったものを指します。有害な為、除去する必要があります。

先のとがった鋭利なスケーラーと呼ばれる器具を用いてこそげ取ります。これをスケーリングと言います。見える歯石は飛沫しやすいですが、一方歯肉に隠れた歯石というのも多いのです。細菌が歯根に沿って入り込むと、歯肉が根から剥がれてポケットのような袋が出来ます。そこの根に歯垢が頑固にへばりついて歯石になるのです。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です