デンタルフロスと歯間ブラシを使い分けましょう

デンタルフロスは糸ようじとも呼ばれ、歯ブラシでは落すことできない歯と歯のすき間の汚れを落とすための歯間ケア用品です。ぜひとも毎日のデンタルケアの習慣づけたいものです。デンタルフロスは絹やナイロン製に加え、糸の太さ、ミントや様々なフレーバー付きのものもありますので、皆さんのお好みのものをドラッグストアなどでみつけてみましょう。デンタルフロスが糸であるのに対し、「歯間ブラシ」は、ねじった針金にナイロン毛がついた小さなブラシですが、このタイプのブラシは歯科矯正を行っている方には大変使いやすい形状をしております。また年齢とともに歯と歯のすきまがみられる、高齢者の口腔ケアなどにも適しております。奥歯は口内のほんのちょっとした歯ブラシが入れないようなすき間を簡単にブラッシングできますので、お口のなかのプラークや食べカスを徹底的に排除いたしましょう。歯間ブラシは、サイズ別の商品がありますのでご自身に合ったものをお使いください。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です