歯磨きのタイミングに迷われている方に

皆さんにとって「歯磨きのタイミング」はどういった日々の生活リズムの中で行われていますでしょうか。歯磨きのタイミングについてなど難しく考えたことはないとおっしゃる方でも、おそらくは毎日の生活習慣のなかで歯磨きのタイミングは日々、似通った時間帯などに行われていらっしゃるのではないでしょうか。厳密に歯磨きはこの時間帯に行うべきであるといったような定義はないようですが、多くの歯科専門家たちが語る中では、おやすみ前に行う歯磨きが特に重要視されているようです。睡眠中はお口の中の唾液の分泌が低下することから、口内環境のバランスが崩れると考えられているようなのです。おやすみ前に歯磨きを行うことで、お口の中の細菌や食べ物のカスとなる歯垢をきちんと除去しておくことが大切であるようです。おやすみ前に歯磨きを忘れてしまった翌日の朝は、なんとなくお口の中に不快感を覚え、朝目覚めてもすっきりとしないというような方もいらっしゃるのではないでしょうか。寝てる間は特に口内環境のバランスが崩れやすいということを踏まえれば、お休み前の歯磨きは、大変重要であるということに納得がいきますよね。またお食事の後に必ず歯磨きをされる方におきましても、食後10分・15分・20分・30分など、どういったタイミングで歯磨きをするべきなのか迷われていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。専門家たちのアドバイスによりますと、お食事をされた直後、皆さんのお口の中は酸性に傾いているため、このタイミングで歯磨きをしますと歯のエナメル質を削り取ってしまう可能性があるようなのです。できればを食後30分ほど経過した時点での歯磨きがベストなタイミングなどとも言われているようです。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です