虫歯菌とキス

虫歯はキスしてもうつらないけれど、歯周病は、キスでうつると聞きました。これは、虫歯菌と歯周病菌の、異なりを表わしているのだそうです。細かい事を述べていきますと、歯周病菌も、唇を重ねる程度の軽いキスであれば、問題なのですが濃厚なディープキスとなると、感染する可能性が出てくるようなのです。ですから、家族間や恋人との間柄でも、洗面所などで歯ブラシをホルダーに保管する際に、その距離をある程度保っておく事が望ましいのだそうです。「虫歯菌」と「歯周病菌」には異なりがあるようで、その性質の違いがキスでうつる、うつらないに関連しているそうなのです。ただこの虫歯菌の原則は、大人のキスに限定されているようで、例えば、キスでなくとも、幼い子どもに離乳食を与える時などに、虫歯の母親が、スプーンにすくった離乳食を口の中でその温度を確かめる為に、一度、自身の口に含んでから子どもに与えるような時に、虫歯菌が唾液感染してしまう事があるようですので、パパママは、子どもにチューをしたくとも、虫歯の治療中などは原則、控えた方がよさそうですね。子育て中は、仕事、家事、育児と多忙極まりないですが、子どもたちに虫歯菌をよせつけない為にも、パパママの歯科検診も定期的に通院する方が、吉とでるのではないでしょうか。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です