予防する事で守られる健康な「歯」

歯科医療は、「治療」から「予防」へとその価値が移行しようとしています。実際、歯科の存在意義として、「歯の予防をする場所」とされるべきものが、多くの日本人の固定概念の中では、歯医者さんは「歯の治療を行う場所」であるといったようなイメージがこびり付いてしまっている為、歯の痛みや炎症がでて初めて、歯医者へ予約を入れ通院するを開始するといったような光景が当たり前のようになっているようなのです。このような日本人の行動は、海外の人々からすると、疑問点が多く湧くような光景であるかもしれません。皆さんは、歯の治療を自費で全て賄う場合、どのくらいの負担を強いられる事になるかご存知ですか?国民皆保険制度によって、その負担率が設けられている日本人にとって、病院受診の際の治療費を、自己負担した時の高額な金額を意識する機会は少ないかもしれませんが、アメリカな無国民皆保険制度な国内で、歯の治療を行うとすると、1本につき、20~30万円ほどの負担が必要であると言われています。私達、日本人が気軽に歯の治療を行うように、海外の人々は歯の治療を行うことができないので、歯の日頃のケアを入念に心掛けるといった国民性が養われているのかもしれませんね。ですが日本人も、健康な「歯」を維持する為には、国民皆保険制度が存在する上でも、歯な健康を予防する事に赴きを傾けなくてはなりません。なぜなら、永久歯は1度失ってしまうと、2度と生え変わらないからです。失ってから、その存在の大きさに気付くようでは遅すぎます。是非とも、健康な「歯」の存在価値に気付く事で、皆さん自身のデンタルケアでその価値を守って下さい。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です