超高齢化社会と日本人の「歯」

日本人のイメージの中では、歯医者さんは、痛みがある歯の治療を行う場所というような感覚があるようですが、歯科医院は、本来は予防する場所である事が必要であると、専門医たちは語ります。日本以外の先進国の中には、歯科医院は、デンタルケアを行う場所であるというような認識が強くある事から、歯科衛生に関する認識を予防とする国民1人1人の認知度が非常に高い傾向がみられるといったデータ報告があるようです。逆から考えますと、日本人の歯科衛生に関する認知度は比較的低い為、デンタルケアとして歯科医院に通い、予防を行う人々が少ないというような結果に繋がってしまうのではないでしょうか。これは正直、日本の今後課題とされる、高齢化社会にとって、良くない結果となってしまうようです。なぜなら、健康長寿に欠かせない要素の1つに、健康的な歯の温存があげられるようです。健康的な歯の温存本数が、健康的に長生きする人々の要素として、不可欠であるようなのです。健康で、長生きする為には、まず、栄養素を十分に食事として摂取する必要があります。また、健康的に「噛む」という働きには、脳内への血流を促し、脳内への刺激が認知症を予防したり、生きる事への活力を生み出していると考えられています。人間の原始的な生命活動のメカニズムの中で、「咀嚼」は、大きな意味を示しているようです。超高齢化社会の中で、日本人の健康維持への必要不可欠なものとして、健康的な「歯」の温存は大変な重要課題であるのではないでしょうか。

Leave a Reply

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です