歯のプロを頼る

歯周病予防で最も大切と言えるのは「食後すぐの歯磨き」と言えるでしょう。食後、数時間のうちに、歯周病の原因と言われるプラークは作られ、さらにそのプラークに付着した細菌はバリアを作り、住み良い環境を整えていくと言われています。このバリアは歯磨きでは除去が困難とされ、プラークはどんどんと溜まっていき、歯石となってしまいます。こうなってしまわないためには、出来るだけ食後すぐに正しい歯磨きを心がけることが重要でしょう。しかし、生活リズムや仕事環境の問題などもあり、現代では毎食後に歯磨きを習慣づけるのが難しい人もいるのではないでしょうか。こういった時にオススメなのが、歯科医院など「歯のプロ」に頼る方法でしょう。歯医者さんなどでのプラークケアを「プロフェッショナルケア」と呼び、専用の機械を使って歯を綺麗にしてくれます。また、歯石を取り除いたり、正しいブラッシング方法や、口腔内を清潔に保つ秘訣、体や歯に優しい食事の内容や摂取の仕方などを教えてくれることもあるでしょう。忙しい人こそ、定期的に歯科検診を習慣付けておくのが望ましいのではないでしょうか。しかし、プロフェッショナルケアは、一時的にしか効果を得られないため、セルフケアの改善というのも常に行えるのが望ましいと言えます。さらに、セルフケアでの完璧な抑制もできないため、出来るだけ正しい歯磨きを毎食後心がけた上に、定期的なプロフェッショナルケアを取り入れることが一番望ましいとも言えるでしょう。セルフでもプロでも、お互いに難しい点をしっかりと補えるケアを目指していきましょう。口内環境を整えて、いつまでも健康な歯を保っていけると良いでしょう。

口内環境を整える

歯周病や口臭を予防するためには「プラークコントロール」が最も重要と言えるでしょう。これは、口腔内の細菌の量をできる限り減らし、健やかな状態に保っておくことと言えます。口内環境を整えておけば、口腔内のトラブルは予防され、健康な歯も守られていくと言えるでしょう。プラークの増殖を抑制し、口内環境を整えることに重点を起き、歯や歯茎に悪い影響を及ぼさないよう、毎日のセルフケアでコントロールしておくのが「プラークコントロール」です。セルフケアで大切なポイントは、食事ごとに歯磨きをするなど、プラークの原因になってしまう付着物を、口腔内にとどめないようにし、綺麗な状態を常に保っておくことと言えるでしょう。一時的に一生懸命頑張るのではなく、毎日の生活の中で、常に清潔を保っておく習慣を作ることが重要と言えるでしょう。プラークコントロールは、自分自身のセルフケアも大切ですが、歯科医師や歯科衛生士などの専門家にお願いするのも良いでしょう。歯医者さんに行けば、専用の機械を使って歯のクリーニングを行ってくれるほか、正しい歯磨きの方法や、現在のセルフケアで足りてないところなどを教えてもらえるでしょう。日々の歯磨きや、正しい食生活、また、食べ方や、良くない習慣の改善などのセルフケアに加え、定期的な歯科検診を習慣付けるのも良いのではないでしょうか。何よりも効果的なのは、食後すぐに歯磨きをすることですが、時と場合によって、また、職業的に実行が難しいという方は、定期的に歯医者さんを受信するという癖をつけておくと良いでしょう。いつまでも健康で美味しく食事を楽しむためにも、こまめに口内環境を整えていくことが望ましいでしょう。